お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

「ボヘミアンラプソディ」

伝説のバンド<クイーン>の物語、映画「ボヘミアンラプソディ」を観てきました。

元々ロックにもクイーンにもそれほど馴染みはなかったのですが、ヒデさん(夫)に誘われて一緒に行ってきました。

お恥ずかしい話ですが、ボヘミアンラプソディが曲名だったことも知りませんでした。

でも、誰でも知ってる曲。

「ママ、~」「(ガリレオ)ガリレオ!」っていう曲です。

この曲が作られる様子が詳細に描かれています。

妥協しない、最高の音、最高の音楽を作るって、すさまじいエネルギーです。

クイーンがどうしてこんなにも人気だったのか、その歌唱力とパフォーマンスはもちろんでしょうが、今回テロップの歌詞を読みながら感情移入してしまいました。

ボーカルのフレディ・マーキュリーは、ザンジバル島で生まれ、幼い頃にボンベイ近郊の寄宿学校に入れられた。ザンジバル島に戻ったころには革命が起きていて、家族と一緒に英国に移住。

平和な日本で暮らしている私たちにはわからない子ども時代です。

クイーンは、フレディがメンバーと衝突して一旦は解散したものの、再結成し、映画の最後はチャリティライブでのステージ映像でした。

そして、フレディはエイズにおかされ、1991年に45歳でその命を閉じました。

当時はエイズといえば死に至る病でしたが、今なら治療薬で進行を抑えることができます。エイズは慢性疾患とまで言われるようになりました。

もしも、もう10年早くエイズ治療が進歩してれば、フレディは生き続けられたかもしれません。

でも、そういうセンチメンタルな想像に、「それなら『伝説』にならないだろう」って言われてしまいました。

 カテゴリー:音楽、芸術、映画  2019年01月02日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
*初診の方の受付は診療終了の1時間前までです。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。
水曜、金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。