お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

痔には「乙字湯(おつじとう)」

♪~痔に~はボラギノ~~ル♪

なんて宣伝ありますが、痔の漢方と言えば「乙字湯(おつじとう)」です。

痔がある方は、だいたい便秘がちなので、大黄(だいおう)という下剤効果のある生薬も入ってます。

下剤・・・というと不安に思う方もいるかもしれませんが、0.5gという少ない量なので、お腹が痛くなることはありません。

(普通、便秘に使う漢方には、大黄が1g~3g入ってます。)

そして、キレ痔にもイボ痔にも対応できるように、バランスよく生薬(薬草)が入ってます。

柴胡(さいこ)と升麻(しょうま) ⇒肛門直腸を引き上げる作用や、炎症を抑える作用があります。

当帰(とうき) ⇒うっ血を除き、血行をよくします。

甘草(かんぞう) ⇒肛門括約筋の収縮を緩め、痛みをとります。

黄ごん(おうごん)と大黄(大黄) ⇒消炎作用があります。

注意していただきたいのは、痔の出血だと思っていたら大腸がんだったということもありますので、必ず年1回の大腸がん検診はするようにしてください。

 カテゴリー:漢方  2019年03月22日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
*初診の方の受付は診療終了の1時間前までです。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。
水曜、金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。